三菱東京UFJ銀行とKDDIのモバイルネット銀行

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で設立するモバイルネット銀行の名称が「じぶん銀行」に決まりました。7月には開業にこぎつけるそうです。
円預金や外貨預金、投資信託、カードローン、携帯電話のアドレス帳から相手を選んで即座に振り込みができる機能やインターネット・ショッピングでの代金決済サービス、電子マネーのチャージなどフルラインナップの金融サービスを、個人向けに、携帯電話の特性を生かした「ケイタイならでは」の機能で提供するそうです。

KDDIの携帯電話「au」が利用者を対象

「じぶん銀行」は、手軽に様々な金融サービスを受けられる銀行という意味が込められています。
じぶん銀行は、KDDIの携帯電話「au」の利用者を対象に、携帯電話番号で相手先を選んで振り込みができるサービスや、携帯電話を使ったネットショッピングの代金決済サービスなどを提供する予定です。「au」は、携帯電話を使った金融サービスの利用で中心になるとみられる若年層の契約者が多いのが特徴で、三菱東京UFJ銀は「au」との提携で、急速に拡大している関連市場での収益増に弾みをつけたい考えのようです。

じぶん銀行の特徴

じぶん銀行はKDDIの携帯電話「au」を使ってインターネット上で買い物の決済ができるのが特徴です。携帯電話のアドレス帳で相手を選んで即時に振り込んだり、取引履歴を携帯の画面で確認したりできる通帳機能などのサービスも始める予定だそうです。
将来は預金口座をつくれば残高の範囲で直接代金を引き落とす「デビットカード」方式で決済できるようにもしたい考えが明らかになっています。

スポンサードリンク